2008年12月13日

みどり税導入 5年間、市民税に年900円上乗せ

横浜市が緑の保全のために導入する新税「横浜みどり税」の条例案が、12日の市議会本会議で可決・成立したそうです。。。
 市民税に上乗せし、樹林地の買い上げなどの財源とする。環境目的の超過課税は全国の市町村で初めての導入ということです。経済情勢悪化を受け、09年度与党税制改正大綱で「環境税」導入や消費税率引き上げ時期の明記が見送られる中、横浜は「緑」を旗印に増税に踏み切るようです。

年間24億円の税収を見込みでいるようで、相続などで維持が困難になった樹林地の買い上げや植樹事業などに充てる。

 市が今年8月、市民にアンケートした結果「負担してもいい」「金額によっては負担してもいい」との回答が79%だったということでかなり前向きに考えれる割合と言えますよね。
そこで当初は上乗せ額・率を個人1100円、法人11%とする方針を示した。しかしその後、米国発の金融危機の影響で経済情勢が急速に悪化。市が11月まで募集した市民意見では、「新たな税負担は理解できない」「歳出削減に努力すべきだ」など否定的な意見が過半数(51%)出ており、やはりまずは自分たちの使い方を考えろ〜ということですよね。

posted by フリ〜ダ〜 at 02:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。